XMの悪評を調査して見えたメリットとデメリット

XMのような利用者が多い海外FX業者には必ずと言ってよいくらいに悪評がついて回ります。

でも、もし悪評が本当のことなら避けるべき海外FX業者と言えます。

ちなみに、XMで良く聞くのは「詐欺じゃないか?」ということ。

そこでこのページでは実際に僕も利用を初めたXMの悪評について本当かどうか調べてみた結果を紹介したいと思います。

最初に悪評について調べた結果をお伝えすると・・・

XMは詐欺(決済時のいかさまや出金拒否)はないということです。

まあ、そうじゃないと僕自身もXMユーザーなので困ってしまいます。。。

XMの悪評調査で見えたメリット

  • 複数のライセンスを保有している信頼感
  • 資産保護がしっかりしている
  • ボーナスが充実しているのでリスクを抑えられる
  • 出金拒否については噂すらない

→ XMのメリットとデメリットをさらに具体的に紹介してます

複数のライセンスを保有している信頼感

XMの悪評が出てこない大きな理由の1つに複数のライセンスを保有していることがあげられます。

なんと、CySec(キプロス)/FCA(イギリス)/IFSC(ベリーズ)/ASIC(オーストラリア)/FSA(セーシェル)らのライセンスを持っているんです。ちなみに日本の場合にはセーシェルの規制下となります。

資産保護がしっかりしている

XMでは僕らが入金した資金はドイツやスイスなどの銀行を利用して分別管理されます。

つまり、入力したお金はXMが持たずに信頼性抜群の銀行が持ってくれていることになります。XMの倒産と銀行の倒産を考えた場合にはスイスなどの銀行の方が安全ですよね。

なにより銀行なら破綻しても顧客のお金は政府などの力でカバーされる可能性もあるくらいですからね。

また、銀行を頼る前にXMそのものがAIG保険に加入していることも詐欺会社とは程遠い理由と言えます。

XMがAIG保険に加入していることで、仮にXMが破綻しても保険のおかげで入金したお金(上限は約1億円)を返金してくれることになっています。

多くのトレーダーはXMに入れたままにしている資金は1億円以下だと思うので破綻されても損はしないことになります。

ボーナスが充実しているのでリスクを抑えられる

XMでは3タイプのボーナスが用意されています。登録だけでもらえるボーナスを使えば自己資金を使わずトレードをはじめることもできます。

また、入金をした後にもらえる「10%~100%分の入金ボーナス」や「XMPロイヤリティプログラム」などがあるので入金ボーナス後もリスクを抑えられるように配慮されています。

悪評高い業者はボーナスは出しても利用条件を厳しくする傾向がありますが、XMなら楽勝でボーナスを使いきることができます。

(ボーナスの魅力を存分に味わうならスタンダード口座かマイクロ口座にしましょう。僕は使い勝手が良いスタンダード口座にしてます。)

出金拒否については噂すらない

XMでは出金を拒否されたという話がまるでありません。噂すら聞いたことがないくらいです。

これは大金を出し入れするFXにおいては何よりも大切なことだと言えます。

悪徳業者のなかには何かと理由をつけて出金拒否してくるところや出金までに何度も交渉しないと認めてくれないところ、ひどいところには連絡しても拒否してくるところもあると言われています。

でもXMにはそんな出金についての悪評は一切ないので安心だと言えます。

当然ですが、XMが禁止事項としている行為をした場合には出金拒否や口座凍結となるので注意が必要ですよ。

【XMの禁止事項】

  • アービトラージ
  • ネット接続の遅延を悪用した取引
  • 複数口座や他社口座を利用しての両建て(バレます)

XMの悪評調査で見えたデメリット

  • スプレッドが広い
  • 手数料が高い
  • 日本の金融庁に無登録(どこも同じ)

スプレッドが広い

XMの悪評として最も多く耳にするのはスプレッドの広さです。

スプレッドが広いということは動きの大きな通貨でないと利益を出すことは難しくなります。例えば超短期にトレードを繰り返すスキャルピング派のトレーダーには不向きとなります。

ボーナスの魅力に惹かれてXMに登録したもののいざトレードを始めたら自分がスキャルピングタイプだったという場合には、きっと「騙された!」なんて悪評をたてる人もいるかもしれません。

でも、そもそもスプレッドが広いことはかなり有名な話なので、スキャルピングに合わないことと悪評は辻褄が合いません。。。僕に言わせると”言いがかり”に近いと思います。

もしスプレッドの広さが自分のスタイルに合わないと感じたらXMでZero口座を開設すれば多くの人は満足できると思いますよ。

手数料が高い

XMのなかでもとりわりZero口座は「スプレッドが激狭」「ほぼ約定拒否が無い」ということで人気が高く、その評判を聞きつけて口座開設する人も多いようですが「手数料が高い」という評判も耳にします。

ただし、手数料が高く感じるのは少額取引をしている場合や利益が少ない場合がほとんどだと思います。

日本の金融庁に無登録(どこも同じ)

XMは日本の金融庁には無登録となってます。でも・・・これは海外FX業者ならどこも同じです。

つまり、外FXをやる以上、金融庁に登録しているところを利用することはそもそも不可能というわけです。

XMの悪評を調査して分かったこと

XMの悪評調査で分かったことは自分のトレードスタイルとXMの操作性がミスマッチだった人が勝手に立てた評判に過ぎないということでした。

XMのように人気のある業者でも、トレーダーが自分のスタイルに合った口座を選ばなければ多かれ少なかれ不満足な部分は出てくるものです。

とくにトレード初心者は自分のトレードスタイル(スキャルピング派か中長期トレード派)が確率できていないので自分に合う業者どころか口座タイプもはじめから完璧に選ぶことは不可能です。

そもそもXMほどサポートやライセンスなどで信頼できるところはないのでここで悪評を立てる人はどこで満足するんだろう?と疑問を感じます。

その証拠に、どのトレーダーが書いてるブログやサイトのランキングを見てもほとんどXMが1位になっているか、必ず上位3位以内にはXMは入ってるくらいです。

XMはいくらスプレッドが広く手数料がかかってもトータルで見た場合には他社の海外FX業者よりも高い評価をされているので、最初に業者を選ぶならまずはXMから利用をし、手数料や何かに不満が出てきてから他社を検討してみるのがベストだと思ってます。

ちなみに、本当に危険なのは、悪評すら立たない知名度のない業者を利用することだと僕は思ってます。

悪評も立たないくらいに日本人トレーダーが利用していないということになるのでいきなり業者が破綻したり連絡がつかなくなったりする危険が大きいですよ。

XMの場合には悪評があるのはそれだけ「利用者が多い」「利用し続けたいから改善してほしい」という背景があるからです。何の悪評もない業者はむしろ選ばれてすらいないという意味だと僕は思ってます。