MXの強制ロスカットはどのタイミングか?

XMは海外FXなのでどんなに損失を出しても国内FXみたいに借金ができることはありません。

だからと言ってロスカットや追証がないわけではないのでそこのあたりはちゃんと把握しておく必要があります。

そこでこのページではロスカットのタイミングや追証についてまとめてみました。

XMで強制ロスカットされちゃうタイミングについて

XMでは保有しているポジションを強制的に決済されてしまうロスカットというものがあります。

このロスカットの基準(タイミング)は海外FX業者ごとに違っています。

ちなみにXMの場合には証拠金維持率が20%以下になると強制ロスカットとなります。

なお、複数のポジションをもっている場合にはロスカットされる優先順位があって金額が大きいものを優先的にロスカットされます。

まあ、これは海外FX業者の立場からすれば「そりゃそうだ」って感じで納得できますね。

せっかくのポジション、全てをロスカットされるまえにいち早く気づいて対処したいところです。

XMは強制ロスカット前のマージンコールがありがたい

ちなみにXMではいきなり強制ロスカットにはならなくてその直前にマージンコールと呼ばれる連絡が届きます。

証拠金維持率が50%以下になった時点でこのマージンコールが発動されます。

もちろんマージンコールは単なる連絡の意味なので発動したからと言って何かトレードに不都合が出るわけではありません。

「このままだと大変なので証拠金の追加して!」や「ポジションを決済しちゃって!」などのいずれかの決断をしないといけませんよ~というお知らせのようなものです。

この「証拠金維持率が◯%以下でマージンコール!」という仕組みは海外FX業者によって異なり、XMは50%以下となっているだけです。

ちなみにMT4でも5でもメタトレーダーで維持率の表示を見れば現状が何%か分かるので計算などは必要ありません。

計算好きな人のために掲載しておくと・・・

【証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100 で出せます。】

XMは強制ロスカットはあるけど追証はないから安心

XMのような海外FX業者は借金ができることがないということは最初にお伝えしたとおりですが、その理由を解説しておきますね。

強制ロスカットされないように証拠金は捻出して入れる必要がありますが、追証のない「ゼロカット」という仕組みを導入しているために0から下にマイナスに振れる心配がないんです。

つまりどれだけ損失を出しても0円となり価値をなくすだけでマイナス残高が発生する心配はないです。

【複数口座を持ってる場合のゼロカットの影響】

仮に複数口座を持っていて1つでゼロカットになっても他の口座には影響しないので共倒れする心配もありません。

国内FXは金融庁がルールを決めてそれに沿うかたちになっているため追証という概念がありますが、海外FXの場合にはルールは海外で消えられているので日本のまして金融庁が影響をできるものではありません。だから追証がないんです。